☆初心者ヘルパーがトイレ介助してみた☆ | 初心者が〇〇してみた | ヘルパーを世田谷区で求人する居宅介護ツナカンの日常をブログで綴ってまいります

BLOG
ブログ
更新日:2020年05月25日 初心者が〇〇してみた

☆初心者ヘルパーがトイレ介助してみた☆

IMG_20200514_215735

お疲れ様です!今日は初めてトイレ介助のサービスに入った時の話をしようと思います!未だにトイレ介助は苦手です!笑 毎回息を止めてます!笑 頑張ります!笑

 

初めてサービスに入ったのは世田谷区内にあるグループホームでの、夜勤帯でした。5人の利用者さんに対応するわけですが、オムツ交換の方、便座に座る方、尿瓶を使う方と三者三様の介助方法で、まずそれを覚えるところから。

 

今なら理解できますが、オムツ交換といえど、リハパン?パッド?男巻き?等々わからない用語がたくさんでした。笑 

障害者福祉では、基本的に同性介助ですので、男性のお話でございますのでご了承下さいませ。

 

排尿はセーフ、全然できました。ただ、便座を使う利用者さんの、抱え方、便座への下ろし方は難易度が高く、試行錯誤しました。ただ、持ち上げるなら簡単ですが、抱えようによって利用者さんが苦しかったりします。抱え方はその利用者さんによって様々ありますので割愛します。

 

さてもうひとつ、排便です。正直きつかったです。私、子育て経験してるのでなんとなく段取りはわかるのですが子供と大人は全然違いますね。。、特に量!笑

 

 

呼吸を止めて1秒私真剣な眼で、、

 

 

嘘です!あんまり直接見ないようにパッと見て、おしり拭きや、トイレットペーパーも大量に使って対応しました。まじ大量に。本当すいません笑 

後に、弊社代表や先輩ヘルパーに相談しました。やっぱり排泄介助難しいです。と。

どうせ、「頑張れ、やってれば慣れるよ」くらいしか言ってくれないだろうと思ってましたが、

「嫌だなぁって気持ちは誰でもあると思うよ。」だったり「いかに綺麗にするかしか考えない。」「周りが汚れるのを最小限にすることをめっちゃ考えてる。」

など、その時に何を考えているか思っているかも具体的に教えてくれてずいぶん楽になりました。変に気合い入れて、「仕事だから!!」なんて思ってたらストレスに負けていたかもしれません。。。いつもありがとうございます。

と、私のような初心者ヘルパーでもすぐに相談できる雰囲気があるのがツナカンのいいところと思っております。

話は戻りますが、今こうやってブログを書いていて当時のことを強烈に思い出しています笑 朝飯前です笑 ただ、あの経験があったのでひとつ、自分の壁を越えたと思います。

一つ一つの積み重ねが利用者さんへより良いサービスの提供、ニーズの発見にツナがっていくのかなぁ?と思いながら今日も1日頑張ります☆

Recruit

募集要項

アイコン

03-6411-7174
9:00 〜 18:00

アイコン エントリー